TOP > 出演者紹介 > We Banjo 3




2015年の初来日で強烈なインパクトを与えた最強ライブバンドが、さらなる勢力を増して再びケルティック・クリスマスに登場!
2015年のケルティック・クリスマスでは初来日にも関わらず、アルタン、ダーヴィッシュを食い破る勢いのパフォーマンスで鮮烈なデビューを飾った。2017年、ピーター・バラカン氏のフェスティバル LIVE MAGIC!の大トリとして抜擢され、観客を熱狂の渦に巻き込んだ。現代トラッド最強のライブバンドが、再びケルティック・クリスマスに帰って来る!

2012年結成。アイルランド出身の兄弟2組による、新世代のアイリッシュ・トラッド界を代表するグループ。 メンバーそれぞれがバンジョー、フィドルのアイルランド・チャンピオンで、輝かしい実積を持つプレイヤーぞろい。バンジョーを軸とし、フィドル、 ヴォーカル、ギター、マンドリンなどを駆使したエンターテインメント性溢れる強烈なステージ・パフォーマンスはヨーロッパ、アメリカでも評判を呼び、アイルランドの「年間最優秀新人賞」「年間最優秀パフォーマンス賞」を受賞。アイルランドの伝統音楽シーンを牽引する若手として各メディアからも大絶賛されている。

★「アイルランドのパンチ・ブラザーズ!」(by 米公共ラジオ局)
★ビルボード・ワールド・チャート初登場No.1!
★オバマ前米大統領も絶賛!ホワイト・ハウスにも招致される!


●メンバー
エンダ・スカヒル(バンジョー/マンドリン/ギター)
ファーガル・スカヒル(フィドル/バウロン)
マーティン・ハウリー(バンジョー/マンドリン)
デイヴィッド・ハウリー(ギター/ヴォーカル)





◆ウィ・バンジョー・スリー 来日公演2019

12/1(日)神奈川・よこすか芸術劇場
 出演:シャロン・シャノン/We Banjo 3/タリスク
12/2(月)東京・CAY(青山)
 出演:シャロン・シャノン/We Banjo 3/タリスク
12/4(水)大阪・梅田クラブクアトロ
 [単独公演]
12/5(木)東京・渋谷クラブクアトロ
 [単独公演]
12/7(土)長野市芸術館メインホール
 出演:シャロン・シャノン/We Banjo 3/タリスク/クリスティーン・カー
12/8(日)東京・すみだトリフォニーホール
 出演:シャロン・シャノン/We Banjo 3/タリスク/クリスティーン・カー





ウィ・バンジョー・スリー
『ヘイヴン』
2019年10月20日発売
VIVO-477
バンドの絶好調ぶりと新たな可能性を感じさせる、最新作(4th)!!

ウィ・バンジョー・スリー
『ストリング・セオリー』
VIVO-461
海外フェスでも引っぱりだこ!大人気WB3の3rdアルバム!!

ウィ・バンジョー・スリー
『ギャザー・ザ・グッド』
VIVO-445
超絶バンジョーでアイルランド音楽に鮮烈な新風を吹き込んだWB3、日本初登場盤!!(2nd)

ウィ・バンジョー・スリー
『Live in Galway』
VIVO-448
WB3初のライヴアルバム。




ウィ・バンジョー・スリー

●「Prettiest Little Girl」(アルバム『ギャサー・ザ・グッド』収録曲)のライヴ動画
WB3の代表曲。4人が一丸となって突き進むこの疾走感が最高で堪りません!後半、メドレーでスティーヴィー・ワンダーの「迷信」になだれ込むところは最高です!このときの音源はライヴ・アルバム『"Roots to Rise Live』に収録されています。このライヴ盤は今回のWB3のコンサート会場で販売します!



●We Banjo 3 in TOKYO
日本のアコギ専門誌「アコースティック・ギター・マガジン」のインタビュー後に収録された、アコースティック・セッション。せえ〜のと軽くやっていますが、彼らの演奏力の高さが伝わってきます。



●2015年のハンバートハンバートとの共演映像
2015年に渋谷クラブクアトロで行なった「ウィ・バンジョー・スリー×ハンバートハンバート」との対バンライヴときの共演映像。前半に貴重なリハーサルの様子も有り。



新作アルバム『ヘイヴン』収録曲のPV3連発



●「Light in the Sky」



●「Haven」



●「Don't Let Me Down」







(株)プランクトン 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10-1F Tel.03-3498-2881 info@plankton.co.jp