ご予約・お問合せ:プランクトン Tel. 03-3498-2881
TOPコンサート日程チケット予約CDレーベルお問合せ
We Banjo 3
 プロフィール
カントリー音楽のルーツ、アイルランドから現れた最強のバンジョー3人衆+ヴァイオリン1名による、"アイリッシュ・オールド・タイム・ブルーグラス"!
デビューするや否や、権威ある賞を総ナメ!!!

"ミュージック・ネットワーク・ヤング・ミュージックワイド・アワード"受賞!
LiveIreland "年間最優秀新人賞 / 年間最優秀パフォーマンス賞" 受賞!
Irish Times紙 "年間最優秀トラディショナル・アルバム賞" 受賞!

★アイルランド音楽シーンに新たに生まれた恐るべきグループ!!(LiveIreland)
★とてつもない才能に溢れたパフォーマー達!(ウォール・ストリート・ジャーナル)
★燃えさかるバンジョーの魂そのものだ!(ポール・F・ウェルズ ※音楽ディレクター)
★権威あるIrish Times紙で4つ星!! Songline紙で5つ星を獲得!!!



アイルランド出身の兄弟2組により2012年に結成された、今最高にイキのいいバンジョー・グループ。 メンバーそれぞれがバンジョー、フィドルのアイルランド・チャンピオンで、輝かしい実積を持つプレイヤーぞろい。バンジョー3本を軸とし、フィドル、ヴォーカル、ギター、マンドリンなどを取り入れた多彩 なステージ・パフォーマンスはヨーロッパ、アメリカでも評判を呼び、権威ある「ミュージック・ネット ワーク・ヤング・ミュージックワイド・アワード」、アイルランドの「年間最優秀新人賞」「年間最優秀パ フォーマンス賞」を受賞。デビューアルバムも、Irish Times紙の「年間最優秀トラディショナル・アルバム 賞」を受賞、アイルランドの伝統音楽シーンを牽引する若手として各メディアからも大絶賛されている。

メンバー
Enda Scahill: Banjo, Mandolin, Tenor Guitar
Martin Howley: Banjo, Mandolin, Tenor Guitar
David Howley: Banjo, Vocals, Guitar
Fergal Scahil: Fiddle, Guitar, Bodhran

The Fox - We Banjo 3 feat. Sharon Shannon


We Banjo 3 - Down The River I Go Uncle Joe

 アイルランドの若者達の間で、バンジョーが大ブーム!
これまでカントリーやブルーグラスの中で使用されることの多かったバンジョーだが、最近ではアイルランドの若者達の間でこれまでにない盛り上がりを見せている。小さい頃から先達の手ほどきを受けてきた彼らのテクニックはずば抜けていて、90年代に超絶技巧と考えられていた演奏は、今や多くの若者が軽々と弾いてしまうのだとか。それほどアイリッシュ界におけるバンジョーの日進月歩はめざましいそう。 そういった新世代ムーヴメントの旗手として台頭してきたのが、このWe Banjo 3なのだ!


 カントリー音楽のルーツとしてのアイリッシュ
19世紀末から20世紀初頭にかけて、アイルランドからアメリカ大陸へと、歴史上でも他に例を見ない大規模な移民の流れがあった。飢饉や疫病、イギリスによる搾取から逃れるため、半世紀で700万人がアメリカへ渡ったという。アイルランド移民がアメリカに持ち込んだ伝統音楽がカントリーとなり、さらに、その音楽に黒人の持ち込んだ弦楽器を取り入れることでバンジョーが生まれたと言われている。バンジョーがアイルランド音楽に取り入れられたのは、当然の結果だった。


 アルバム
2015年の来日ツアーは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

会場予約CDは順次発送しております。到着を楽しみにお待ち下さい。

1stアルバム、ライヴ・アルバムの通販も開始しました!

 公演日程2015

以下の公演は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。


「ウィ・バンジョー・スリー × ハンバートハンバート
〜うたとバンジョーとバイオリン〜
12/8(火)梅田クラブクアトロ
12/9(水)名古屋クラブクアトロ
12/11(金)渋谷クラブクアトロ
12/12(土)所沢市民文化センター ミューズ マーキーホール

●バンジョーとは、太鼓に竿をつけて弦を張った楽器で、打楽器的な音のする弦楽器です。メロディーやコードと同時にビートを刻みグルーブを作れる素晴らしい楽器ですが、日本では弾く人をあまり見ません。
2本のバンジョーによる独特なノリに歌やフィドルが絡まる We Banjo 3 の音は、バンジョー好きの私にはたまらないものです。一緒にツアーをしてセッションできるのが本当に楽しみです。
ついでに録音もできたらいいなあ。
佐藤良成(ハンバート ハンバート)

●ハンバート ハンバートは美しいヴォーカルと
とてもユニークなサウンドを持っている。
僕らに共通する世界のルーツ音楽への愛は、
きっととても面白い音楽を生み出せると思うよ!
エンダ・スカヒル(WB3)


「We Banjo 3」
12/13(日)福岡・住吉神社 能楽殿


「ウィ・バンジョー・スリー〜バンジョーと三味線の出会い」
ゲスト:上妻宏光
12月10日(木)三鷹市公会堂 光のホール

「We Banjo 3」
Hitachi Starlight Illumination2015
12/6(日)日立シビックセンター2階 多用途ホール


ケルティック・クリスマス2015
12/5(土)
すみだトリフォニーホール
出演:アルタン/ダーヴィッシュWe Banjo 3 /ジョン・ピラツキ&ネイサン・ピラツキ


ケルティック・クリスマス in 兵庫
出演:ダーヴィッシュ/ウィ・バンジョー・スリー/ジョン&ネイサン・ピラツキ
12/3(木)兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール


「セッション・パーティ」
12月2日(水)青山 CAY


(株)プランクトン 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10-1F Tel.03-3498-2881 info@plankton.co.jp