TOP > 出演者紹介 > タリスク




デビュー直後からあらゆる賞を総なめし、アメリカ・ツアーも敢行!
近年でもっとも爆発的な快進撃を見せるトリオ、圧巻の受賞歴!


現在の英国伝統音楽シーンで、もっとも急速な勢いで名を馳せているグループ。2014年に結成、2016年にデビューアルバムをリリースして以来、わずか数年であらゆるトラッド・アワードを総なめにし、権威ある数々の海外メディアからも絶賛され、世界中でスタンディング・オベーションの嵐を巻き起こしている。また、世界中の名のあるフェスティバル、ex.ケンブリッジ・フォーク・フェスティバル(英国)、トンダー・フェスティバル(デンマーク)、ケルティック・カラーズ(カナダ)などにも招致され、パフォーマンスを披露している。2018年には全米ツアーも敢行(We Banjo 3とのジョイント・ツアー)、さらなるインターナショナルな活躍が期待されている。

★ダニー・ケイル・アワード受賞
★2015年ヤング・フォーク・アワード受賞
★MG Alba Trad Awards 2016年間最優秀アルバム受賞!
 年間新人賞および年間最優秀プレイヤーノミネート!
★2016年BBCラジオ年間最優秀新人賞受賞!
★BBCラジオ2 フォーク・アワード年間最優秀ミュージシャン&最優秀若手トラッドミュージシャンの2冠達成!
★2017年 ホライゾン賞ノミネート!


スコティッシュ・トラッドの進化型!
タリスクはトラッドの技術や伝統を受け継ぎながら、同じスコットランドのLAUにも通じるロック的なセンスも併せ持つ。「パワーを生み出す発電所」「3人で6人分のパワーを生む」と評される、モダンながらもエネルギーに溢れた新たな音楽性はまさにスコティッシュ・トラッドの進化型!

現代最強のコンサーティナ奏者、モーセン
コンサーティナのモーセン・アミニは、その驚愕の演奏力とパフォーマンスで様々なトラッド・アワードを総なめにし、シーンに強烈なインパクトを与えている現代最強のプレイヤー。足で猛烈なリズムを取り、全身を使い、時には咆哮しながら目にも止まらぬ指さばきで鳴らされるコンサーティナは凄まじいの一言!

タリスクはWB3と全米ツアーを敢行!
タリスクはデビューするや否や、全米ツアーも敢行!WB3と共にジョイントで大規模なUSツアーを行った。今回、初来日にしてWB3とのアイリッシュ×スコティッシュ最強ライブバンド同士のマッチングが実現!

●メンバー
モーセン・アミニ(コンサーティナ)
ヘイリー・キーナン(フィドル)
グレアム・アームストロング(ギター)





◆タリスク 全国日程2019

11/30(土)福井県立音楽堂 ハーモニーホールふくい
 出演:シャロン・シャノン/タリスク
12/1(日)神奈川・よこすか芸術劇場
 出演:シャロン・シャノン/We Banjo 3/タリスク
12/2(月)東京・CAY(青山)
 出演:シャロン・シャノン/We Banjo 3/タリスク
12/3(火)東京・晴れたら空に豆まいて
 [単独公演] ゲスト: 豊田耕三(アイリッシュ・フルート)
12/4(水)名古屋・宗次ホール
 [単独公演]
12/7(土)長野市芸術館メインホール
 出演:シャロン・シャノン/We Banjo 3/タリスク/クリスティーン・カー
12/8(日)東京・すみだトリフォニーホール
 出演:シャロン・シャノン/We Banjo 3/タリスク/クリスティーン・カー





タリスク
『ビヨンド』
2019年10月20日発売
VIVO-476
スコティッシュ・トラッドの進化系!!近年もっとも爆発的な快進撃をみせるトリオ、タリスクの2作目。




タリスク

今年初来日の「タリスク」のPV3連発。デビューするや否や、栄誉ある音楽賞を受賞しまくってますが、この動画を見ればそれが納得できます。本当に素晴しい演奏です。特に、モーセン・アミニのコンサーティナにご注目を!!



●「モントリオール」(新作2ndアルバム『ビヨンド』収録曲)のPV。



●「フェアウェル」(新作2ndアルバム『ビヨンド』収録曲)のPV。



●「Echo」(1st『Abyss』収録曲)のPV。



●ライヴ映像
「Dystopia」(英国Cambridge Folk Festival 2019出演時のライヴ映像)
観客はもう踊りまくりで、超〜〜盛り上がっています。ライヴ・バンドしてのポテンシャルの高さも感じさせます。これを観ると、彼らの日本でのライヴに大きな期待をしてしまいますね!







(株)プランクトン 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10-1F Tel.03-3498-2881 info@plankton.co.jp