ドリーマーズ・サーカス

Dreamers' Circus
アンデルセンの国が生んだ北欧音楽界の最高峰トリオ
伝統音楽とクラシックを昇華して描く夢のような幻想の音楽世界





ドリーマーズ・サーカス 2022年来日公演




写真レポート掲載!



【公演終了】
2022年6月15日(水)昼公演 15:30開演
2022年6月15日(水)夜公演 19:00開演
東京・渋谷区文化総合センター大和田 6階 伝承ホール
ゲスト:光田康典(作曲家)
公演詳細:http://earthmusic.jpn.org/Dreamers2022.html
主催:地球音楽プロジェクト実行委員会



【公演終了】
2022年6月17日(金)
兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
https://www1.gcenter-hyogo.jp/
主催:兵庫県/兵庫県立芸術文化センター



【公演終了】
2022年6月19日(日)
埼玉・所沢市民文化センター ミューズ キューブホール
SOLD OUT
https://www.muse-tokorozawa.or.jp/
主催:公益財団法人所沢市文化振興事業団




制作:プランクトン  デンマーク王国大使館後援

北欧音楽と日本ゲーム音楽の親和を示す特別プログラム!
2022年6月15日(水)渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール
ゲスト:光田康典(作曲家)





本公演では特別プログラムとして、ドリーマーズ・サーカス自身のレパートリーに加え、光田康典氏をゲストに迎え、氏が作曲したゲーム作品「クロノ・クロス」の楽曲を新たにアレンジして演奏する。
北欧音楽とゲーム音楽、その親和性の発展と調和が生み出す”結晶”がここに!

本企画で演奏予定のゲーム音楽
「クロノ・クロス」より
(1999年 スクウェア ※現スクウェア・エニックス)
作曲:光田康典
●航海 アナザー・ワールド
●テルミナ アナザー
●運命に囚われし者たち
●溺れ谷
※予告なく変更になる場合がございます。


“景色が見える音楽”。ドリーマーズ・サーカスを一言で表現するならこの言葉以外思い当たりません。
自然が美しく雄大で神秘的な北欧の風景を思い起こしてくれる彼らの音楽は、日本にいながら幻想的で不思議な世界へと導いてくれます。彼らのステージを体験したら最後、ドリーマーズ・サーカスの虜になることは避けることは出来ないでしょう。
そんな彼らが2022年6月に来日することが決定。
しかも、私が作曲したプレイステーション用ゲームソフト「クロノ・クロス」から数曲ほど演奏してくれることになりました。ここでしか聴けない、この時にしか聴けない、贅沢な音楽を是非その耳で体感していただければと思います。
作曲家 光田康典



2019年に日本にいったとき、光栄なことに光田康典さんの「クロノ・クロス」の楽曲を何曲かアレンジして、一緒にレコーディングさせてもらいました。
もう、本当に嬉しく、楽しい仕事でした。とても強く記憶に残る体験で、互いのアーティスト性ががっちりと噛み合って生まれた作品は、 日本と北欧文化の素晴らしい新たなコラボレーションと言えるものになりました。
今回、作曲家である光田さんと、ステージでまた新たにそれらの音楽に生命を吹き込むことができるなんてこの上なく楽しみです!
どうぞ、ご期待下さい!
ドリーマーズ・サーカス

〈北欧音楽と日本ゲーム音楽の親和〉
東京オリンピックの開会式でも大々的にフィーチャーされ、いまや日本が世界に誇る音楽文化といえる日本の「ゲーム・ミュージック」。
作曲家たちはゲーム作品内の多様な世界観を表現するために世界中の様々な音楽要素を取り入れており、それをきっかけにケルトや北欧などのワールド・ミュージックに触れた人たちも多い。その多様性や音楽性は、日本のみならず世界中の多くの音楽家・クリエイターに影響を与えてきた。
本公演の特別ゲスト、光田康典氏は、ゲーム・ミュージックにおけるワールド・ミュージックへの接近を牽引してきた代表的な作曲家で、ドリーマーズ・サーカスはもちろん、世界の様々な音楽家からリスペクトを集めている。
本公演では、光田氏本人が「当時よく聴いていた北欧系の音楽をメインに作曲した」と語る人気ゲーム作品「クロノ・クロス」の音楽を、ドリーマーズ・サーカスが北欧音楽側から新たにアレンジして披露する。
ドリーマーズ・サーカスと光田康典。北欧音楽とゲーム音楽。2つの表現が互いに育んできた親和性の発展と調和を示す特別プログラム。


光田康典 作曲家、編曲家、プロデューサー
1972年1月21日生まれ。1992年スクウェア( 現スクウェア・エニックス)入社、1995年『クロノ・トリガー』で作曲家デビュー。『ゼノギアス』等の作曲を担当した後、1998年に独立。フリーランスで活動後、2001年プロキオン・スタジオを設立し、同社の代表を務める。
現在はテレビや映画、アニメ、ゲームなどジャンルにとらわれない多様な作曲をこなし、有名アーティストへの楽曲提供やアルバムプロデュースを手がけるほか、国内外のライブ出演や海外でのレコーディング、書籍の寄稿も積極的に行うなど多岐にわたり活動中。主な楽曲代表作に、『クロノ・クロス』『ゼノサーガ エピソードI』『ソーマブリンガー』『新・光神話 パルテナの鏡』『SOUL SACRIFICE DELTA』NHKスペシャル『宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎』『イナズマイレブン1?3』『黒執事 Book of Circus』『ゼノブレイド2』『FAINAL FANTASY XV エピソード イグニス』他多数。
光田康典 公式ウェブサイト “Our Millennial Fair" http://www.procyon-studio.com




ドリーマーズ・サーカスが、『クロノ・クロス』リマスター版の音楽に参加!
『クロノ・クロス』のリマスターに際し、ドリーマーズ・サーカスが特別に数曲のアレンジと演奏を行い、その楽曲は6月発売予定のアナログレコードにも収録される。


c 1996, 1999, 2022 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

CHRONO CROSS: THE RADICAL DREAMERS EDITION
2022年4月7日(木)配信予定 (※Steam版は4月8日予定)
対応機種:Nintendo Switch、PlayStationR4、Xbox One、SteamR
『クロノ・クロス』のリマスター版。『クロノ・クロス』は、二つの世界がクロスするパラレルワールドで、時空を超えた冒険をするRPG。出会う仲間は40人以上で、人と次元が交差する、壮大な星のドラマが描かれる。


アナログレコード 2022年6月22日発売予定
『CHRONO CROSS: THE RADICAL DREAMERS EDITION Vinyl』
品番:SQEX-10936 税込4,180円(税抜3,800円)
https://www.jp.square-enix.com/music/sem/page/cc_rd_vinyl/


クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズ エディション
「航海 アナザー・ワールド」ミュージックビデオ
ドリーマーズ・サーカスがアレンジと演奏を行った楽曲のMVです!



クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズ エディション
「テルミナ・アナザー」ミュージックビデオ



クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズ エディション
Dreamers’ Circus Interview

スクウェア・エニックスより発売された『クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズ エディション』の新規アレンジ4曲を担当したドリーマーズ・サーカスに、光田康典さんによるインタビューしてくださいました。
Dreamers' Circus

驚異的なテクニック、緻密なアンサンブル、卓越した創造性
北欧の豊かなイマジネーションの世界へと誘う至上のトリオ


デビュー以来からの怒涛の受賞歴!!

・デンマーク皇太子夫妻賞2013
 デンマーク王室から授与される名誉「ライジング・スター賞」受賞!
・デンマーク・フォーク・ミュージック・アワード2013
 デビュー作にして奇跡の3冠達成!「最優秀アルバム賞」「最優秀アーティスト賞」「最優秀新人賞」
・デンマーク・フォーク・ミュージック・アワード2015
 2作続けて主要部門で2冠達成!「最優秀アルバム賞」「最優秀作曲者賞」
・デンマーク・ミュージック・アワード2020
 ルーツ部門の主要3冠達成!「最優秀アルバム賞」「最優秀作曲者賞」「最優秀楽曲賞」
・カール・ニールセン・プライズ 2021
「最優秀作曲者賞」受賞

北欧フォークとクラシックの融合
ドリーマーズ・サーカスの音楽の特徴は、北欧の伝統音楽をベースにしながら、クラシックの要素をブレンドさせた高度かつシンフォニックなサウンドを構築していること。北欧の祝祭などで奏でられる伝統音楽の豊かさと、クラシックの美しい音色と構築美を併せ持つ、3人とは思えない壮大かつ緻密なアンサンブルは唯一無二。

ヴァイオリンのルネはクラシック界でも一流!
ルネはコペンハーゲン・フィルハーモニー管弦楽団コンサート・マスターの経歴を持つ一流のヴァイオリニスト。さらに、デンマーク四重奏団の第1ヴァイオリンも務めている。

デンマーク王室も絶賛!
デンマーク皇太子夫妻が授与する文化賞「ライジング・スター賞」も授かり、皇太子夫妻の前で披露したJ.S.バッハの「パルティータ第三番」の北欧フォーク・アレンジは大喝采を浴び、今もコンサートのクライマックスに演奏されている。

トップ・アーティスト達との交流
ドリーマーズ・サーカスは世界中の一流アーティストとも交流が深く、ケルト音楽の世界的グループ「ザ・チーフタンズ」や北欧音楽の先達「ヴェーセン」とも共演。
トラッド界No.1アコーディオン奏者のシャロン・シャノンとも共作し、ゲーム音楽で世界的に知られる作曲家・光田康典氏の楽曲アレンジ/レコーディングにも抜擢された。
スタジオジブリの宮崎駿氏とも親交があり、最新アルバムの中で「ワルツ・フォー・ミヤザキ」という楽曲を氏に捧げている。


プロフィール

2009年結成。結成わずか6ヶ月後、デンマークのロイヤル・アカデミー・ホールにて、ルネがモーツァルトの「ヴァイオリン協奏曲第5番」にソリストとして出演した際、カデンツァ部分でアレとニコライがステージに躍り出て演奏に加わり、観客の度肝を抜いた。2011年にはコペンハーゲン・フィルに招かれ、「夢の60分間」という、ドリーマーズ・サーカスの音楽をオケと1時間まるまる共演するというプログラムを行なう。これは、デンマークのフォーク・バンドで初の偉業となった。2013年、フォークのルーツとシンフォニックな特性をブレンドさせたデビュー作「ア・リトル・シンフォニー」をリリースするや大絶賛を呼び、栄誉あるデンマーク・フォーク・アワード3冠を達成。 同年10月にはデンマーク王室から「ライジング・スター賞」を授かり、シドニーのオペラ・ハウスに招かれ、そのパフォーマンスで観客を魅了した。2ndアルバム「セカンド・ムーヴメント」もデンマーク・フォーク・アワードを受賞。3rdアルバム「ルーフトップ・セッションズ」、4thアルバム「ブルー・ホワイト・ゴールド」と音楽性をさらに高め、今や北欧フォーク界でもっとも注目される存在となっている。




メンバー

ルネ・トンスゴー・ソレンセン Rune Tonsgaard Sørensen(Violin)
アレ・カー Ale Carr: cittern(bouzouki)
ニコライ・ブスク Nikolaj Busk: piano & accordion



News

2022.06.01
「Mikiki」にドリーマーズ・サーカスのインタビューが掲載されました。
https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/31748

2022.05.05
「ONTOMO」にドリーマーズ・サーカスのインタビューが掲載されました。
https://ontomo-mag.com/article/interview/dreamerscircus2022/

2022.02.15
2022年、来日公演決定!!
6月15日(水)東京・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
6月17日(金)兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
6月19日(日)埼玉・所沢市民文化センター ミューズ キューブホール


2020.08.26更新
アンデルセン・ストーリーズ「親指姫」の動画をアップしました!

北欧音楽と木版画アートでつづる新しいアンデルセン・ストーリー。
「ドリーマーズ・サーカス」の音楽と数々の絵本や童話で活躍する木版画アーティストの山福朱実のイラストが織りなす新感覚のミュージック・ビデオ・シリーズ。
子どもや家族みんなで楽しめて、ステイホームの読み聞かせにもぴったりです。

過去の来日公演

2019年
10/14(月・祝)名古屋・宗次ホール
10/15(火)武蔵野市民文化会館
10/19(土)長野市芸術館 [台風の影響により公演中止]



2017年
12/11(月)渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール

<チーフタンズ公演 ゲスト出演>
12/8(金)オリンパスホール八王子
12/9(土) すみだトリフォニーホール

2016年
11/26(土)船橋市民文化創造館
12/2(金)所沢市民文化センターミューズ

「ケルティック・クリスマス2016」出演
11/27(日)よこすか芸術劇場
11/29(火)ハーモニーホールふくい
11/30(水)兵庫県立芸術文化センター
12/3(土)すみだトリフォニーホール

インストア・イベントの様子
2016年11月25日(金)
タワーレコード渋谷店6Fイベントスペース







TOPニュースコンサートCDアーティストお問合せ会社案内企画公演公演制作プライバシーポリシーENGLISH