スペインのケルト文化圏、ガリシアが生んだ天才パブパイプ奏者、カルロス・ヌニェス。2013年秋、待望の来日公演が決定!


<ニュース2013>
カルロスがプロモーションで来日しました。

9/8(日)カルロス東北をたずねる
レポートはこちら

NHK-BS1「エル・ムンド」出演
放送日:9/15(日)
再放送:9/30(月)14:00〜
カルロスをゲストに、50分たっぷりとスペイン・ガリシア特集!
レポートは MUSIC PLANTさんのブログへ

カルロス、NHK「テレビでスペイン語」に出演

カルロス・ヌニェスがNHK Eテレの語学番組『テレビでスペイン語』に出演します。
2014年5月29日(木)午後10:25〜10:50
再放送:(翌週)木曜日 午後0:00〜0:25
※記載されている放送日時はあくまでも予定です。 詳しくは番組表でご確認ください。

来日公演2013

以下の公演は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

日本スペイン交流400周年記念
カルロス・ヌニェス特別公演

出演:オレカTX(バスク)
P・リカルド・ミーニョ(アンダルシア)
ゲスト・ダンサー:ヘスス・オルテガ、田村陽子

プロフィール

カルロス・ヌニェス
ケルト文化圏であるスペイン北西部ガリシア出身、1971年生。8才からガイタ(ガリシア地方のバグパイプ)を始め、13才で仏のケルト文圏ブルターニュの交響楽団に客演ソロ奏者として招かれるなど、若くからその才能を発揮。マドリード王立音楽院を主席で卒業。18才のときにザ・チーフタンズと共演したのがきっかけとなり、彼らが手掛けた映画『宝島』('89公開)の音楽、大ヒット作『ロング・ブラック・ヴェイル』('95/シニード・オコナー、ライ・クーダーと共演)への参加や、ワールド・ツアーに同行するなど頻繁に共演活動を行うようになる。96年にガリシア地方の伝統音楽をテーマにしたチーフタンズ『サンティアーゴ』(グラミー受賞)に全面参加。同時に録音した自身のソロ1作目『スパニッシュ・ケルトの調べ』('97)がプラチナアルバムの大ヒット、ケルト音楽界の新しいリーダーとしての地位を確立した。
映画音楽にも積極的に取り組んでおり、アカデミー賞最優秀外国賞受賞のスペイン映画『海を飛ぶ夢』や、日本映画『星になった少年』、スタジオジブリのアニメ『ゲド戦記』などのサウンドトラックに参加している

<メンバー>
カルロス・ヌニェス CARLOS NUNEZ(ガイタ、ホイッスル、オカリナ)
パンチョ・アルバレス PANCHO ALVAREZ(ブズーキ)
シュルショ・ヌニェス XURXO NUNEZ(パーカッション)

タラ・ブレーン(フィドル)

動画

CD

アルバム
1997『スパニッシュ・ケルトの調べ』
1999『アモーレス・リーブレス』
2001『ガリシアの碧い風』
2003『絆〜ガリシアからブルターニュへ』
2005『シネマの海』
2007 メロディーズ・フロム『ゲド戦記』
2009『アルボラーダ・ド・ブラジル』
2013『ディスカヴァー〜ベスト・オブ・カルロス・ヌニェス』

主な参加作
1996 ザ・チーフタンズ『サンティアーゴ』
2005 サウンドトラック『海を飛ぶ夢』
2006 コンピレーション『イマージュ5』
2006 サウンドトラック『ゲド戦記』
2007 コンピレーション『イマージュ6』

来日記録

1995〜1997:「ザ・チーフタンズ」のゲストとして来日

1999:自身のバンドで初単独ツアー(東京・大阪・仙台)来日の様子(写真/曲目リスト)

2001: 4人編成で来日し、古謝美佐子と共演(伊勢・東京)来日の様子(写真/曲目リスト)

2003:「ケルティック・クリスマス2003」メイン・アーティストとして来日

2005:来日の様子東京・大阪・新潟・宮城)

2006:「live image 5」に出演(東京・埼玉・大阪・仙台・札幌・郡山・新潟・名古屋)

2007:4〜5月「live image 6」に出演(東京・埼玉・大阪・広島)
5月多くのゲストを迎えNHKホールで「ゲド戦記」コンサート

2007:10月、ゲストに手嶌葵を迎えての全国ツアー(北九州、東京、滋賀、福井、名古屋)

リンク

carlos-nunez.com(オフィシャルHP)


株式会社プランクトン 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10 神宮前松井ビル1F Tel.03-3498-2881 Fax.03-3498-3202