■ジャンル・ケルト/アイルランド

アヌーナ|アザーワールド

ANÚNA|Otherworld





神秘のケルティック・コーラスはさらなる進化を遂げた。アイスランドのシガーロス所有のスンドラウギン・スタジオ録音による、9年ぶりの新作アルバムが完成。ゲーム『ゼノブレイド2』サウンドトラックのアヌーナ参加曲4曲(作曲:光田康典)の新録を収録(3)(6)(7)(9)。

国内発売日:2024年9月6日
解説:松山晋也
収録曲解説:マイケル・マクグリン
歌詞対訳付き
品番:VITO-129
税込3,300円(税抜3,000円)
2023年発表


2024/12/7(土)すみだトリフォニーホール公演
CDセット券対象(6/12よりプランクトンのみで先行発売)
アヌーナ特別公演
「雪女」の幻想 ~神秘のコーラスと能舞~



01. エアレンデル
Ēarendel
02. ロスク
Rosc
03. エヴァー・カム・トゥ・アン・エンド
Ever Come to an End
04. セルキーの唄
Song of the Selkie
05. 眠れ、我が若き愛しき人よ
Sofðu, unga ástin mín
06. シャドウ・オブ・ザ・ローランズ
Shadow of the Lowlands
07. アウア・エターナル・ランド
Our Eternal Land
08. 預言者たちの封印
Prophetarum Presignata
09. ウィ・アー・ザ・チョーズン・ワンズ
We Are the Chosen Ones
10. お聞きください、天の創り主よ
Heyr, himna smiður
11. スアントレイ(子守唄)
Suantraí


All titles composed/arranged by Michael McGlynn except

“Ever Come to an End”, “Shadow of the Lowland”,
“Our Eternal Land”, “The Chosen Ones”
Composed by Yasunori Mitsuda ⓒ2017 by SEPTIMA LEY CO.,LTD.

“Heyr, himna smiður” by Þorkell Sigurbjörnsson
Copyright Tumason/Sigurbjoernsson, Faber Music Ltd



ANÚNA : ĒARENDEL (from the album "Otherworld) アヌーナ


ANÚNA アヌーナ / Lauren McGlynn "Ever Come to an End" (by Yasunori Mitsuda from Xenoblade Chronicles 2)


「Ever Comes to an End」は作曲家の光田康典さんが、Nintendo Switchのゲーム『ゼノブレイド2』のサウンドトラックのために書いた楽曲で、アヌーナが歌っています。
この楽曲のメイン・ヴォーカルを取っているのは、アヌーナのリーダー、マイケル・マクグリンの娘のローレン。
光田さんは、ローレンと「Ever Come to an End」について、下記のようにコメントしています。

「メインボーカルのローレン(マクグリン)とは、何年にもわたって数々の作品で一緒に仕事をしてきた。最近ではアニメ『ダンジョン飯』(現在放送・配信中)にも参加している。彼女の歌声は美しくもあり、ダークな一面も持ち合わせていて、私が作曲でしばしば必要とする「光と闇」の要素を体現している。彼女はアイルランド音楽のニュアンスを歌に溶け込ませ、哀愁と力強さを加えている。『ゼノブレイドクロニクル2』の「Ever Come to an End」は、テオソワールという街が舞台。光のない雲海の中で耐え忍ぶ人々が、陽の射す空に向かって歩き始めるという内容で、闇から光へ、過去から未来へと向かうことのメタファーだ。彼女の歌声は、この曲に新たな次元と意味を加えている。
私たちの世界は現在、暗闇に包まれた悲惨な状態にある。多くの人は耐え忍んでいるかもしれない。しかし、私たち一人ひとりが前方のかすかな光に目を向け、一歩を踏み出せば、必ず道は開ける。この歌は、この想いは、これまで以上に世界中の人々に届かなければならないと感じている。このビデオが多くの人の心に届き、共鳴することを願っています」
作曲家 光田康典



TOPニュースコンサートCDアーティストお問合せ会社案内企画公演公演制作プライバシーポリシーENGLISH