Canizares / Cuerdas del alma

カニサレス
『魂のストリング〜クエルダス・デル・アルマ』

フラメンコ・ギターの神、パコ・デ・ルシアが認める天才!
伝統的なフラメンコの新たな可能性を切り開く、世界最高峰のフラメンコ・ギタリスト、カニサレスの5作目。 叙情性と独創性と知性、そして磨き抜かれたテクニックによる美しい音色の超絶速弾きギターが心を揺さぶる。
カニサレスの代表曲「魂のストリング」「悠久(レハーナ)」「時への憧れ」を収録

発売日:2013年9月11日
解説:濱田滋郎
VITO-429
税抜2,400円



-
関連商品
カニサレス『ゴイェスカス』
カニサレス『はかなき人生』
カニサレス『三角帽子』
カニサレス『恋は魔術師』
カニサレス『ソナタ』
イベリア「フラメンコ・チャレンジ」
-
プロフィール/来日情報
カニサレス

定価で1枚だけ購入する場合はこちらから

送料無料
曲目リスト

1. 魂のストリング(ルンバ)Cuerdas del Alma (Rumba)
2. 深淵(ブレリアス)El Abismo (Bulerias)
3. 真珠の首飾り(アレグリアス)Collar de Perlas (Alegrias)
4. 悠久〜レハーナ(バラード)Lejana (Balada/Ballad) A mi mujer Marichan con todo mi amor To my wife Marichan with all my love
5. カリブ海(グアヒーラ)Mar Caribe (Guajira)
6. アルペジオの架ける橋(タンゴス)Puente Arpegiado (Tangos)
7. 雲のない雨(ソレア・ポル・ブレリアス)Lluvia sin Nubes (Solea por Bulerias)
8. 鳩(ワルツ)Palomas (Vals/Waltz)
9. 時への憧れ(フラメンコギターのためのファンタジー)Anorando el Presente (Fantasa para Guitarra Flamenca/Fantasia for Flamenco Guitar)

内容紹介/コメント等

■パコ・デ・ルシアの真の後継者
フアン・マヌエル・カニサレスは1966年、スペイン東部のカタルーニャに生まれた。16歳のとき、権威あるナショナル・ギター・コンクールで優勝。プロの道を歩みはじめる。88年から巨匠パコ・デ・ルシアのバンドに参加し、セカンド・ギタリストとして10年の間ツアーをともにする。97年に『イマンとルナの夜』でアルバム・デビュー。ジャズ、クラシック、ロックなど、あらゆる要素を吸収した演奏と華やかなアレンジでフラメンコ界に新風を吹き込み、絶賛を浴びた。

■世界的アーティストとの共演
カニサレスはこれまで、エンリケ・モレンテ、カマロン・デ・ラ・イスラ、マリア・パヘス、アレハンドロ・サンス、ロシオ・フラードといったスペインのフラメンコ界、ポップ界のアーティストたちと共演を重ねてきた。さらにはジョン・ポール・ジョーンズ、ピーター・ガブリエル、マイケル・ブレッカー、アル・ディ・メオラ、ピーター・アースキン、ヴィンス・メンドーサ、ザ・チーフタンズなど、ジャンルを超えて世界の一流アーティストとのコラボレーションを数多く行なっている。2004年のアテネ・オリンピック聖火リレーの公式ソングのレコーディングをはじめ、カニサレスがこれまでに参加したアルバムはじつに100枚を超える。

■作曲家としてのカニサレス
ギタリストとしてだけでなく、作曲家としても才能を発揮。スペイン国立バレエの作品への作曲、ロシオ・フラードやパコ・ラバルの出演する『ロラ・セ・バ・ア・ロス・プエルトス(港へゆくローラ)』をはじめとする映画音楽の作曲、また、カルロス・サウラ監督の『フラメンコ』への出演でも話題を呼んだ。これまでに6枚のソロ・アルバムをリリース。アルベニスやグラナドスといったスペインの作曲家のピアノ作品をギターのために編曲し、アルバム『アルベニス:組曲「イベリア」』ではスペイン版レコード・アカデミー賞のクラシック部門で最優秀賞を受賞した。

■クラシック界でも引っぱりだこ
2011年、世界最高峰のオーケストラであるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術監督、サー・サイモン・ラトルの招待を受け、マドリードの王立劇場でロドリーゴの「アランフェス協奏曲」を演奏した。この公演はベルリン・フィルとフラメンコ・ギタリストの初共演としてクラシック界でも大きな注目を浴び、以来、ヨーロッパ中のオーケストラに招待され、超売れっ子ソリストとして活躍している。

■ラ・フォル・ジュルネで大ブレイク!
2013年春に開催された『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013』では、もっとも注目すべきアーティストとしてフィーチャーされた(東京とびわ湖に出演)。オーケストラとの共演、自身のフラメンコ六重奏団など毎回違ったプログラムで全11公演に出演、約1万5千人を動員し、日本のクラシック・ファンを熱狂の渦に巻き込んだ。


カニサレスの織りなすハーモニーは、伝統的なフラメンコに新たな可能性を与 え、彼の生み出すフラメンコは、美しく絶妙な音楽に満ちあふれている。彼の深 い音楽の知識と創造性、そして年を重ねるごとにさらに磨きのかかるテクニッ ク。独創的でオリジナリティーのあるギターを演奏する彼は、現在のフラメンコ 界においてもっとも注目されている演奏家だ。 (パコ・デ・ルシア)

フアン・マヌエル・カニサレスは驚異的なギタリストである。 (サー・サイモン・ラトル/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者兼 芸術監督)