応援コメント




ケルティック・クリスマス プログラム in 日本
2020年12月12日~13日

駐日アイルランド大使 ポール・カヴァナ氏からのメッセージ


「ケルティック・クリスマス」のオンライン開催に際し、株式会社プランクトン代表 川島恵子氏をはじめ素晴らしいチームの皆様へ、心よりお祝い申し上げます。

20年にわたり、このイベントは日本中のアイルランド伝統音楽ファンの最大の楽しみとして定着してきました。ここ数年のパフォーマンスを見ても、まるでアイルランド音楽界のスター名鑑を読んでいるかのようなラインナップです。アイルランドのパフォーマーたちが、貴重なパートナーの協力により毎年12月に日本を訪れ、ファンを楽しませる機会に恵まれたことは光栄なことでした。

私自身も、以前「ケルティック・クリスマス」コンサートに伺ったことがございます。会場は多くの人で埋め尽くされ、皆が楽しみ、踊っていらしたことが記憶に残っています。このイベントは、日本のあらゆる年代の人たちが初めてアイルランド文化やアイルランド人にふれ、その後何年もかけてそれらに対する愛着を深めていくきっかけとなっています。また、そのようなファンの中には、アイルランドの楽器やダンスを始め、非常にハイレベルなパフォーマンスを披露するに至った方々もいます。

音楽は国境を越えます。また、御社がこのイベントを始めて以来、人々は音楽を通した交流や仲間を求めています。アイルランド伝統音楽は、その本質や多様なコミュニティをもって、そういった関わりを提供してきました。

今年、東京にて「ケルティック・クリスマス」を開催することはかないませんが、オンラインにて、すべての人や家庭に喜びをもたらすイベントになることを願っています。また、より多くのパフォーマーがセッションに参加し、楽しい時間を過ごされることを期待しています。間違いなく忘れられない夜になることでしょう。

このイベントを支援し、実現のために手を尽くしてくださった皆様へ、心より御礼申し上げます。

皆様が、そして皆様のご家族とご友人が、幸せで健康にクリスマスと新年を祝うことができますように。
新型コロナウイルス感染症による心配がなくなり、また皆で一緒に楽しむことができる日を楽しみにしております。

Beir bua and go dté sibh slán.(皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。)

駐日アイルランド大使
ポール・カヴァナ




Celtic Christmas Programme, in Japan
12-13 December, 2020

Message from HE Paul Kavanagh
Ambassador of Ireland to Japan

My heartiest congratulations to indefatigable Keiko Kawashima and her fantastic team at Plankton, for their great initiative to hold the 2020 annual ‘Celtic Christmas Concert’ on-line.

Spanning two decades, this event has been the most highly-anticipated in the calendars of Irish traditional music aficionados all over Japan. The headline acts during these years reads like a ‘who’s who’ of Irish music stars. The Irish performers for their part, have been delighted and honoured to travel here to meet and entertain their passionate fans and to engage with their so highly valued partners every December.

I myself have attended Plankton’s Celtic Christmas Concert. I remember the packed house and a cheering and dancing audience! It is thanks to events like this that many Japanese people, across generations, encounter our Irish culture and people for the first time and develop their love of it over the years. In some cases, those same fans are inspired to take up Irish instruments, or dance, and go on to perform at the very highest level.

Music crosses borders. And this time, more than any since this project by Plankton began, people yearn for the human contact and fellowship that come through music and musical performance. Traditional music offers this, with its roots close to nature and in the hearts of diverse communities.

So although Celtic Xmas cannot take place ‘live’ in Tokyo this year, I hope the show will bring joy to every person and household joining in virtually. And I hope that more performers will be able join the session and the fun. I am sure it will be a night to remember.

Thank you to everyone who supported this event and who helped bring it to fruition.

I wish you and your families and friends a happy and healthy Christmas and New Year.

And I look forward to our all being together again in person when the Covid19 clouds lift for all of us.

Beir bua and go dté sibh slán.

Paul Kavanagh
Ambassador of Ireland to Japan








【企画・制作】株式会社プランクトン
169-0075 東京都新宿区高田馬場1-14-12-3F
Tel:03-6273-9307(受付時間 平日13:00~17:00)
http://plankton.co.jp/