ご予約・お問合せ:プランクトン Tel. 03-3498-2881
TOPコンサート日程チケット予約CDレーベルお問合せ
2019.9.11更新

2019年8月、ジョヴァンニ・ソッリマの来日を記念して開催されたレセプション・パーティの質問コーナーで語られた、ソッリマのルーツや思い出から彼の魅力の秘密に迫ります!



川島(弊社代表・以下K):昨日(ソッリマの)ドボルザーグ公演を聴きましたが、リハーサルの時から彼は譜面などは一切見ないですね。で、全てのパートが頭の中に入っている。リハーサル時も、指揮者にここのところは、あそこのところは、と言ったように譜面を差し、アドバイスできる。で、そういう風に、クラッシックの楽曲で譜面が頭に入っているのは何曲くらいあるんですか?って聞いたらミリオン(何百万)と言ってました。こういう天才、ジョヴァンニを日本でちゃんと紹介したくて、今日はみなさんに来ていただきながら、もちろん後でまた演奏してもらいますが、どのようにして、こういう音楽家が生まれたのか、というのを少し探りたいと思ってます。

K:彼はシチリアの出身です。イタリアのシチリアは(地図を指して)あの地図のように、チュニジア、アルバニア、ギリシャ、中東にも近い。こういう地理的な状況は、あなたの音楽性、クラシックのみならず、広い音楽に目が開かれた、ということと関係ありますか?

ソッリマ:もちろん、地図上で見えるように、シチリアは様々な文化が交差しているところなんだ。本当にたくさんの影響があり、ノルマン人の前のバロックの時代はスペイン王国が、そして中世にはシチリアの王国が支配し、その他バルカン、ギリシャの影響まで及ぶよ。そして私自身の名前も色々なルーツが混ざったもので、アラブ、ユダヤ系、スペイン、その他様々なルーツがあるんだ。
だからもちろん音楽も、シチリアに伝わる音楽を聴く機会があってそれを掘り下げると、多くの他の文化圏との強い繋がりを聞くことができる。伝承音楽の曲というのは、他の多くの曲を思い出させてくれるものだよ。
私の祖母は、古いアルバニア語で私に話しをして、歌を歌ってくれたんだ。シチリアに生まれた音楽家なら、自然に様々な文化圏の様々な曲に触れるんだ。しかし同時にシチリア人としてのアイデンティティもあるよ。いろんな要素が積み重なってる。モルモンの影響もあるし、教会、寺院、建物、食べ物、名前、いろんな要素が混じるというのがシチリアなんだ。もちろんクラシック音楽の伝統もあるし、ワーグナーがパレルモで作曲をしたことや、シューマンもよく訪れていたことも覚えておきたい。ストラウスがエトナ山のあたりで作曲したこともあったから、メンデルスゾーンもよく訪れていたんだ。そして一番最初にシチリアを訪れて、記録したのがゲーテなんだよ。
だから、こんなつながりと思えばいいかな、シチリアはヨーロッパと他の地中海をつなげる橋のような役割をしていて、広がっていったんだ。そこで生まれた者にとっては当たり前のことで、自然と様々な影響と情報を自然と得る、ということだね。実は私の家族は200年来の音楽一家なんだ。



K:シチリアでの名門音楽一家、200年以上前から代々音楽家なんですね、1700年代から、今まで。お父さんはピアニストであり作曲家。兄弟は5人いて、5人ともプロフェッショナルな音楽家だそうです。お父さんに子供の頃から作曲を習って、一番最初はピアノを弾き、9歳の頃にはチェロになったと。本人は楽器を学ぶというより、面白くて遊びの感覚。ピアノももちろん弾けるし、ヴァイオリンも、とトランペットも吹くと言ってましたね。どういう少年だったんですか?

ソッリマ:ある意味難しい子供だったかもね(笑)。いわば私はとても好奇心旺盛だったね。音楽、芸術、演劇、文学いろんなことに。友達とよくパーティもしたよ(笑)。16歳で、イタリア最年少でディプロマ(準学士)をとった。当時のシチリアの情勢は厳しくてね。マフィアと政治がらみで大変だった。私は友人とともにマフィアと戦い、学校でもマフィアを追い出したりした。1990年代に一般社会がマフィアというシステムに優勢になったんだね。
話を戻すと、16歳でディプロマを取り、ドイツ、そしてオーストリアのザルツブルグで学ぶためにドイツに移ったんだ。その時、父親に「ドイツに勉強しに行きたいんだ」と伝えると、「遂に、だな!」と言われ、5分後には荷物とチェロがまとめられていたくらいだよ(笑)。でもこんなことも、私が好奇心旺盛だったからなんだよ。音楽もそうだし、音楽の周りに何があるか、ということに関してもね。音楽の周りにあるものというのは、音楽だけではないね。演劇、映画、ビジュアルアーツ、様々なもの、全部含んで生の表現だね。いろんなことにとても興味を持ったよ。



〜次回更新へ続きます。お楽しみに!!〜



ジョヴァンニ・ソッリマ Giovanni Sollima > レセプショントーク

(株)プランクトン 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10-1F Tel.03-3498-2881 info@plankton.co.jp