ご予約・お問合せ:プランクトン Tel. 03-3498-2881
TOPコンサート日程チケット予約CDレーベルお問合せ

ジョヴァンニ・ソッリマ Giovanni Sollima




プロフィール
Giovanni Sollima
ジョバンニ・ソッリマ(チェリスト、作曲家)

1962年イタリア・シチリア州パレルモ出身。世界最高峰のチェロ奏者兼作曲家。音楽一家に生まれ、幼い頃から音楽や楽器に囲まれて育つ。特に作曲家兼ピアニストであった父エリオドロ・ソッリマの影響で、幅広い音楽性を身につけた。パレルモ音楽院でジョヴァンニ・ペリエラからチェロを学び、優秀な成績で史上最年少で卒業。その後シュトゥットガルト音楽大学とモーツァルテウム音楽大学で、チェロをアントニオ・ヤニグロに、作曲をミルコ・ケレメンについて学んだ。ジャンルを超えた幅広い活動で知られ、クラシックはもちろん、古楽、バロック、オペラ、ジャズ、ロック、即興演奏まで、400年に渡る音楽の歴史の旅を自らの音で綴り、さらにヨーロッパ〜中東〜アフリカに及ぶ地球上のあらゆる民族音楽まで飲み込んだ唯一無二の演奏スタイルと作風を持つ。音楽のテーマはスピリチュアルな大自然のエレメントや歴史、文化、環境・社会問題まで多岐に渡りつつ、圧倒的な表現力と高純度の感性で美しい広大なスケールの音楽を生み出し続けている。
これまでにヨーヨー・マ、フィリップ・グラス、クラウディオ・アバドなど数多くの巨匠と共演し、彼らからの絶賛を集めている。また、カーネギー・ホール(NY)やクイーン・エリザベス・ホール(ロンドン)、シドニー・オペラ・ハウスなど世界中の一流ホールで公演を行っている。近年ではマリオ・ブルネロや2CELLOSをはじめ、世界中のチェリストがソッリマの楽曲(「チェロよ、歌え!」「ラメンタチオ」「アローン」etc)をレパートリーにしており、チェロの可能性を広げているだけでなく、作曲家と演奏者の垣根をも取り外しつつある。さらに後進の育成にも力を注いでおり、サンタ・チェチーリア音楽院で教鞭をとっているほか、ジャンルやキャリアを超え、100人のチェリストを集めてクリエーションとコンサートを行う「100チェロ」という活動も行っている。
2019年、日本で初めてドヴォルザークの「チェロ協奏曲」(指揮:藤岡幸夫 / オーケストラ:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)のソリストに招かれ、スタンディング・オベーションと絶大な賞賛を得た。また、同年日本初となる「100チェロ」公演をすみだトリフォニーホールで行い、大成功を収めた。2020年5月、初となるソロ・リサイタル・ツアーが予定されている。

公演情報
2020年5月
ジョヴァンニ・ソッリマ
ソロ・ツアー決定!!


[無伴奏チェロ・リサイタル]
チェロ一本が生み出す、森羅万象の息吹、躍動…鬼才の奏でる音色を存分に堪能できるソロ・ツアー!

2020年5月9日〜5月17日
東京・神奈川・埼玉・大阪・兵庫
ほか、随時更新予定

★今後の公演情報をいち早くお届けします!ぜひメルマガにご登録ください
メールマガジン登録申込メール宛先
info@plankton.co.jp

★ご登録いただいた方にもれなく「100チェロ」 写真プレゼント!さらに抽選で「100チェロ」Tシャツ(3名様)、ソッリマのCD「we were trees」(3名様)をプレゼントいたします。
※当選は商品の発送をもって変えさせていただきます。

※メールアドレスをお持ちでない方には郵送でお知らせをお送りいたしますので「ご住所(郵便番号・都道府県名から)、お名前(フリガナ)」をお知らせください。
プランクトン「ジョヴァンニ・ソッリマ メルマガ係」
TEL:03-3498-2881(平日11〜19時)
FAX:03-3498-3202



ジョヴァンニ・ソッリマ「100チェロ」コンサート
2019年8月12日(月・祝)
すみだトリフォニーホール(終了)

アルバム

ジョヴァンニ・ソッリマ
『we were trees』

[来日記念盤]
「チェロよ、歌え!」収録
「チェロのジミヘン」と評される凄腕チェリストであり、人気作曲家としても活動。イタリアが世界に誇るジョヴァンニ・ソッリマの代表作が日本初リリース。
ゲスト:モニカ・レスコヴァル、カレイドスコープ・ソロイスツ・アンサンブル、パティ・スミス

解説:松山晋也
VITO-474/税抜2,700円









◆ヨーヨー・マ、マリオ・ブルネロ、2CELLOS…天才達が絶賛する鬼才チェリスト、ジョヴァンニ・ソッリマ


ヨーヨー・マとソッリマ

「彼の前では、僕はまるで子猫のようなもの。彼はチェロの超達人で、怖いもの知らずだ」
(ヨーヨー・マ)


2CELLOSとソッリマとミッシャ・マイスキー

「ソッリマとAC/DCの曲を共演したんだ。僕らの夢が叶ったよ!」
(2CELLOS)



数々の世界一流ホールで演奏!
カーネギー・ホール、マーキン・ホール、ブルックリン・アカデミー、クイーン・エリザベス・ホール、ウィグモア・ホール、シドニー・オペラ・ハウス、サル・ガヴォー、リスト・アカデミー…etc

幅広い音楽性
バッハからジャズ、ロック、現代音楽、中東〜アフリカに及ぶ民族音楽まで

世界中の一流アーティストと共演!
ヨーヨー・マ、2CELLOS、フィリップ・グラス、マルタ・アルゲリッチ、パティ・スミス、クラウディオ・アバド…etc

規格外のエピソードの数々!
●ミラノ市がExpo2015のテーマ曲を委嘱!
●ラッセ・イェルツェン監督によって制作された“Terra Aria”のミュージック・ビデオがyoutubeで約1,500,000回もの再生を記録!
●イタリアのフェス”La notte della taranta”(13万人動員)のディレクターを2年連続務める!





<世界一流のアーティスト/オーケストラとの共演歴>

クラシック音楽の演奏家・指揮者
・ヨーヨー・マ(Yo-Yo Ma):世界的チェロ奏者のひとり
・マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich):ブエノスアイレス出身の著名なピアニスト
・イェルク・デームス(Jorg Demus):オーストリアのピアニスト
・2CELLOS:マイケル・ジャクソンもチェロで弾くイケメンチェリスト。
・クラウディオ・アバド(Claudio Abbado):故世界的指揮者
・アントニオ・パッパーノ(Antonio Pappano):イタリアの指揮者
・ダニエル・ガッティ(Daniel Gatti):イタリアの指揮者
・ミッシャ・マイスキー(Mischa Maisky):ラトヴィアのチェリスト
・マリオ・ブルネロ(Mario Brunello):イタリアのチェロの名手
・ブルーノ・カニーノ(Bruno Canino):イタリアのピアニスト・作曲家

オーケストラ
・La Scala Philharmonic Orchestra
・Santa Cecilia Orchestra
・the Chicago Symphony Orchestra
・Il Giardino Armonico
・the Accademia Bizantina
・the Royal Concertgebouw Orchestra
・the Amsterdam Sinfonietta
・the Budapest Festival Orchestra
・the Berliner Philharmoniker String Quintet
・Royal Liverpool Philharmonic Orchestra
・the Manchester Camerata
・Belgrade Philharmonic Orchestra
・the Australian Chamber Orchestra 他多数

ポップスのアーティスト
・Pattii Smith パディ・スミス  シンガーソングライター・詩人
・Larry Coryell ラリー・コリエル ジャズギタリスト
・Stefano Bolllani ステファノ・ボラーニ Jazz Pianist

映画音楽やテレビ作品
・ピーター・グリーナウェイ(The Tlse Super Suitcases and Nightwatching)
・John Turturro(Evidence for a Sicilian Tragedy)
・カルロス・サウラ(arlos Saura(La Jota)
・Marco Tullio Giordana(One Hundred Steps and The Best Youth)
・Lasse Gjertsen(Day Dream)

演劇の音楽
・ロバート・ウィルソン Robert Wilson
・Alessandro Baricco
・Peter Stein
・Peter Greenawayのインスタレイションの音楽 

<世界中の一流ホールで公演を実施!>

・Carnegie Hall カーネギーホール(NY)
・Merkin Hall
・The Brooklyn Academy Music(NY)
・La Scala(ミラノのスカラ座)
・The Queen Elizabeth Hall(ロンドン)
・The Wigmore Hall(ロンドン)
・The Salle Caveau(パリ)
・The Tchaikovsky Hall(モスクワ)
・The Liszt Academy(ブダペスト・ハンガリー)
・The Sydney Opera House など

ディスコグラフィー
1998年『Aquilarco』『Violoncelles, vibrez! 』
1999年『John Africa in "La formula del fiore"』
2000年『Spasimo』『Viaggio in Italia』
2001年『Tracing Astor』『Canti rocciosi』
2005年『Works』
2008年『We were trees』『Astrolabioanima』
2012年『Caravaggio』
2014年『Offenbach』
2015年『Onyricon』

(株)プランクトン 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10-1F Tel.03-3498-2881 info@plankton.co.jp