アフリカの大地を彷彿とさせる熱く力強い歌声、優しく響くメロディ。
30年のキャリアを経て48才で奇跡のデビューを果たし大ブレイクした、西アフリカ・ブルキナファソ出身のシンガー・ソングライター、ヴィクター・デメ。

ヴィクター・デメ来日公演2010
VICTOR DEME

World Beat 2010
10/11(祝・月) 日比谷公園野外大音楽堂

■ヴィクター・デメ 単独公演
10/12(火) 東京日仏学院 ラ・ブラスリー

■ミニ・ライヴ&サイン会
10/13(水) タワーレコード渋谷店

問:プランクトン 03-3498-2881



写真: 10/12@東京日仏学院 ラ・ブラスリー

プロフィール

<来日メンバー>
Victor Deme : Vocal, Guitar / Ali Diarra : Percussions / Salif Diarra : Kora / Moussa Diabate : Bass / Youssouf Diabate : Guitar

ヴィクター・デメ:
西アフリカの内陸部に位置するブルキナファソ出身。30年のキャリアを持ち、48才で『ブルキナファソからの黄昏アフロ・ブルース』(原題:Victor Deme)でアルバム・デビューを果たし、瞬く間に世界で大ブレイクしたシンガー・ソングライター。
数多くの世界的ミュージシャンを輩出してきた西アフリカのマンディング(またはマンデ)と呼ばれる文化圏に属し、グリオ(世襲の音楽家)として60年代に活躍していたという母親を持ち、音楽的に恵まれた家系に生まれ育つ。10代の頃から地元のクラブに出演してシンガーとして活躍。やがて、コートジボアールのクラブに進出して、マリの大物歌手として知られるアブドゥライ・ジャバテ(※コラ・ジャズ・トリオのピアノ奏者とは同名異人)が率いるスーパー・マンデ・オーケストラとも共演。88年に自国に戻った後も数多くの音楽賞を受賞するなど、着実にキャリアを重ねてブルキナファソを代表するシンガーの座へと登り詰めつつあったが、ある事情によって数年間音楽から離れた。ブランクを経て再び歌い始めたが、その道は決して楽なものではなく、出演するクラブのオーナーからは自作の曲ではなくサリフ・ケイタやモリ・カンテのヒット曲を歌うように要求されるなど、不遇の時期が長く続いた。そんな逆境のなかでもオリジナル曲を書き溜めていた彼に転機が訪れたのは2005年、首都ワガドゥグーにあるバーのマネージャーとの出会いから、より自由なライブを行えるようになる。2007年にフランス人のジャーナリストが彼の音楽をプロモートするために設立した自主レーベルから初のアルバムを発表するために、バーの仲間たちの協力も得て作られた小さな簡易スタジオでレコーディングを開始。1stアルバム『ブルキナファソからの黄昏アフロ・ブルース』を完成させた。ヨーロッパでリリースされたとたん大絶賛され、ヴィクターは一躍ブルキナファソ、そしてアフリカを代表するミュージシャンとして認知され、成功を収めた。2010年は大規模なヨーロッパ・ツアーが組まれ、来日公演も行なった。

アルバム

NEW!
『Deli』
VIVO-372 税込2,625円
「アフリカン・フェスタ2010」で来日し、日本の聴衆にも大きな感動を与えた、西アフリカ・ブルキナファソ出身の“哀愁の黄昏ソウル・シンガー”早くも新作(2nd)完成!楽曲・アレンジなど、じっくりと練られて作られ、1stアルバム以上の素晴らしさ!!


『ブルキナファソからの黄昏アフロ・ブルース』
VIVO-253 税込2,625円
<初回限定特典DVD付>

●アフリカン・フォーク界の新しい宝石(Le Nouvel Observateur誌)
●逸脱したアーティスト、何というアフリカの美しさ! (Elle誌)
●堪らない!(Mondomix誌)
●胸を打つような情熱を掻き立てる見事な1stアルバム(Paru Vendu 誌)
●円熟した1stアルバム。このアフリカの新人は素晴らしいキャリアを保証する(La Terrasse誌)
●素晴らしいバイブレーションに満ちた1stアルバム(Zicazic.com)
アフリカ全土に鳴り響く優しいメロディー(Liberation誌)
●傑出した1stアルバム(Muziq誌)
●2008年度のベスト・アルバム・トップ10! (Songline誌)

リンク

www.myspace.com/victordeme



写真「アフリカン・フェスタ」
2010年6/12-13@横浜赤レンガ倉庫


株式会社プランクトン 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10 神宮前松井ビル1F Tel.03-3498-2881 Fax.03-3498-3202