Victor Deme "Deli"

ヴィクター・デメ
『Deli』

苦節30年で花開いた魂のシンガー、ヴィクター・デメ。
「アフリカン・フォーク界の新しい宝石」Le Nouvel Observateur誌
「アフリカン・フェスタ2010」で来日し、日本の聴衆にも大きな感動を与えた、西アフリカ・ブルキナファソ出身の“哀愁の黄昏ソウル・シンガー”早くも新作(2nd)完成!楽曲・アレンジなど、じっくりと練られて作られ、1stアルバム以上の素晴らしさ!!

発売日:2010年9月5日
解説対訳付
VIVO-372
税抜
2500円

送料無料

-
関連商品

ヴィクター・デメ『ブルキナファソからの黄昏アフロ・ブルース』

-
プロフィール/来日情報
ヴィクター・デメ
曲目リスト

1. Hine ye deli le la / la force de l’amour 「愛のちから」
2. Deen wolo mousso / Une femme fertile「肥沃な女」
3. Meka deen / Les enfants Meka「メカの子供たち」
4. Teban siyala / Je ne renie pas mon ethnie 「私は自分のルーツを否定しない」
5. Banaiba / Le Baobab 「バオバブの木」
6. Sere jugu / Faux temoignage 「偽りの証言」
7. Chapa blues band (interlude)「チャパ・ブルース・バンド」(間奏曲)
8. Sina / Sina 「シナ」
9. Ibe siran munlela / De quoi as-tu peur ? 「何を恐れてるの?」
10. Mais ou sont les dollars ( interlude)「富はいったいどこに」(間奏曲)
11. Maa gaafora / Mere, pardonne-moi 「母さん、許して下さい」
12. Tato mowla / Il ne pardonne pas 「彼は許さない」
13. Keeba sekouma / L'homme moderne 「現代人」
14. Wolo baya guelema / La souffrance d'une mere 「母の苦しみ」
15. Ma belle「愛しい女よ」
16. Tan ni keleen / Viens avec moi seul 「私一人について来い」

内容紹介/写真/コメント等

さらに飛躍し続ける西アフリカ・ブルキナファソ出身の“アフリカン・フォーク界の新しい宝石”ことヴィクター・デメの2作目の新作アルバム。苦節30年の重みを感じさせる哀愁と、ソウルフルな力強い歌声はいつ聴いても胸を打ちます!素晴らしいです!前作成功の煽りを受けてか、サウンドはじっくりと作られているようで完成度は高く、近年のアフリカ音楽のマスター・ピースと言っても過言ではありません!オススメ曲は、優しくポップなメロディの(2)(11)(12)、フェミ・クティ参加のアフロビートの(14)、哀愁味と溢れる(4)(8)(9)。