(株)プランクトン
150-0001
東京都渋谷区神宮前5-28-10
神宮前松井ビル1F

お問い合わせ
03-3498-2881
(平日11-19時)

E-mail:
info@plankton.co.jp

Pierre Blanchard & Dorado Schmitt
ピエール・ブランシャール&ドラド・シュミット カルテット

(フランス/ジプシー・スウィング)

巨匠ステファン・グラッペリの愛弟子ピエール・ブランシャールが、
マヌーシュ・スウィングの首領ドラド・シュミットらと共に捧げる、
グラッペリとジャンゴへの熱いオマージュ。

来日公演2005

公演終了 ツアーの様子/写真はこちら

10. 9 (日) 彩の国さいたま芸術劇場 
「time of gypsies スペシャル!」
他出演:ファンファーレ・チォカリーア、ローナ・ハートナー/DJクリック

10.10 (月・祝) 心斎橋クラブクアトロ

10.12(水) 岐阜 可児市文化創造センター

10.13 (木) 渋谷クラブクアトロ

お問合せ:プランクトン 03-3498-2881

プロフィール/来日メンバー

Pierre Blanchard (vn)
Dorado Schmitt (g, vn)
Samson Schmitt (g)
Gautier Lauren(bass)

ステファン・グラッペリから多くを受け継いだピエールが、フランス・ジャズにおけるヴァイオリンの伝統に敬意を表し、マヌーシュ・ギタリストのドラド・シュミット達と共に捧げた、フランス・ホット・クラブ五重奏団への熱いオマージュ。
仏「ル・クォティディアン・デュ・メドゥサン」紙

ジャンゴ&グラッペリという原点に立ち返り、マヌーシュ・ジャズの伝統を色濃く反映した素晴らしいアルバム。より洗練させたアレンジ。軽やかな調子を帯びたお馴染みのスウィング感。『ジャンゴロジー』と肩を並べるほどのめくるめく躍動感あふれる演奏。
仏「アデン」誌


ピエール・ブランシャール(ヴィオリン)
現在のヨーロッパを代表するジャズ・ヴァイオリニスト。若い頃はクラシックの演奏家として注目された時期もあったが、20代後半にジャズ・ヴァイオリニンの巨匠ステファン・グラッペリ(1908-97)と知り合い彼の愛弟子となり、ジャズに傾倒していった。ピエールはジャズを「フランス文化の誇り」と感じており、グラッペリとジャンゴ・ラインハルト(1910-53)による「フランス・ホット・クラブ五重奏団」へのトリビュート・バンドをドラド・シュミットと結成、初来日。

ドラド・シュミット〔ギター、ヴァイオリン)
マヌーシュ・スウィング界の重鎮。ジャンゴ・ラインハルトとステファン・グラッペリの両方の意志を継ぎ、マヌーシュ・ギターとジャズ・ヴァイオリンを弾きこなす世界的名手。あのチャボロ・シュミットの従兄弟であり、チャボロとは映画『ラッチョ・ドローム』で共演している。同行するサムソン・シュミットはドラドの息子。

サムソン・シュミット(ギター)
次世代のマヌーシュ・スウィング・シーンを背負って立つ、大注目の本命ギタリスト。6歳で初めてギターを手にし、10歳から父ドラドのステージに参加。ソロ・アルバム『ハート・オブ・マヌーシュ』では、オリジナリティ溢れる新しい感覚を聴かせ、モダンなマヌーシュ・スウィングとして高い評価を受けた。2004年に初来日、全国ツアーを成功させた。

アルバム

ピエール・ブランシャール&ドラド・シュミット
「素敵なランデヴー〜グラッペリとジャンゴに乾杯!」

ジャンゴ&グラッペリ=マヌーシュ・ジャズの原点に立ち返って作られた、
現代版「ジャンゴロジー」といえる傑作!ジャズを愛する人に贈る素敵な一枚。

2005.5.22発売  税込2415円 VIVO-208 解説:吉本秀純
試聴&曲目リスト
購入/注文ページへ


サムソン・シュミット・クインテット
フィーチャリング ドラド・シュミット
「ハート・オブ・マヌーシュ」

VIVO-205 2300円(税込2415円)
詳細・試聴はこちら
購入/注文ページへ