We Banjo 3 / String Theory

ウィ・バンジョー・スリー
『ストリング・セオリー』

<アイルランド/ケルト>

“アイルランド版パンチ・ブラザーズ!”
デビューするや否や、アイリッシュ〜アメリカン・ルーツ・ミュージック・シーンに旋風を巻き起こしている超絶バンジョー野郎達!現在の絶好調ぶりを詰め込んだ新作(3rd)アルバム完成!

発売日:2017年7月23日
解説:天辰保文、エンダ・スカヒル(WB3)
VIVO-461
定価:2,500円+消費税


★2017年来日公演
10月 渋谷クラブクアトロ、梅田クラブクアトロ
チケット+CDのセット券あり!!
※プランクトンのみ取り扱い
ご予約はこちらから
-
関連商品
2nd『ギャザー・ザ・グッド』
1st『Roots of the Banjo Tree』
ライブ盤『Live in Galway』

-
プロフィール/来日情報
ウィ・バンジョー・スリー 来日公演2017
曲目リスト

1. This Is Home
2. Good Time Old Time
3. Happiness
4. Island Orchard
5. Ain't Nobody Else Like You
6. Kentucky Grind
7. Trying to Love
8. Crann Na Beatha (Tree of Life)
9. Little Liza Jane
10. Aunt Jemima's Plaster
11. Two Sisters
12. Chair Snappers' Delight

内容紹介/写真/コメント等


「いろいろな意味でアイルランド版パンチ・ブラザースだ」――マイケル・ジョナソン(米国ナショナル・パブリック・ラジオ「Woodsongs」)
「最大級の賛辞さえをも超えるアイリッシュバンド」――ハフィントンポスト



 アイルランドとアメリカ、それぞれの音楽が出逢っただけではない。お互いの国の文化や歴史を、さらにはそこで暮らす人々のいろんな感情を、あらん限りの誠意や熱意で一緒に織り込むことで、彼らは、誰も見たことのない道を地図に描いているのだ。そして、めくるめく景色の一つ一つには見覚えがあるのに、初めての旅に導かれるようにその道を辿っていくと、その彼方には家族や友人たちの幸せそうな笑顔がみえてくる、ような気がする。彼らの音楽に触れること、それはたぶん、そうやって、未知なる大切な冒険の旅を意味するのだ
天辰保文(解説より)