Tim O'Brien "Fiddler's Green"

ティム・オブライエン
『フィドラーズ・グリーン』

第48回グラミー賞 トラディショナル・フォーク・アルバム部門受賞!
2006年度・IBMA賞2部門受賞(最優秀男性ヴォーカル、最優秀楽曲)

2006年10月22日発売
解説:五十嵐正
商品番号:VIVO-227
税抜2476円

送料無料

関連商品

-

プロフィール/来日情報

ティム・オブライエン&ダーク・パウエル

曲目リスト

1. Pretty Fair Maid in the Garden
2. Look Down That Lonesome Road
3. Fiddler's Green
4. Land's End/Chasin' Talon
5. Fair Flowers of the Valley
6. Foreign Lander
7. Buffalo Skinners
8. First Snow
9. Train on the Island
10. Long Black Veil
11. A Few More Years
12. Early Morning Rain

内容紹介/写真/コメント等

「フィドラーズ・グリーン」とは、船乗りが死後に行くと信じられている「水夫の楽園」。そこには酒と女と音楽がたっぷりと浮かれ騒ぎが永遠に続く...。
大西洋を越えて、ブルーグラス〜オールド・タイム・ミュージック〜アイルランド&スコットランド音楽がここに一つとなる。アメリカン・ルーツ・ミュージックを代表するトップ・スターにしてミュージシャンズ・ミュージシャン、ティム・オブライエンによるアパラチアン・ケルティック・ミュージックの傑作!

[ティム・オブライエン]
54年ウェスト・ヴァージニア州生まれ。現在のブルーグラス界のトップ・スターとして君臨するシンガー、多数の楽器を弾きこなすマルチ弦楽器奏者、カン トリー界の人気歌手にヒット曲を提供するソングライター。
10代の終わりににジャグ・バンド、オフィーリア・スゥイング・バンドに参加。その後、80年代のブルーグラスを代表するバンド、ホット・ライズ (1978〜1990)のフロントマンとして活躍。90年代以降はソロとなってからは、南北戦争時代のアパラチア山脈を舞台にしたベストセラー小説「コールド・マウンテン」にインスパイアされたアルバム『Songs from the Mountain』、 アイルランド系アメリカ人である自分のルーツを探った『The Crossing』(99)、『Two Journeys』(01)などの傑作を次々リリース。2006年2月に本作『フィドラーズ・グリーン』は第48回グラミー賞 トラディショナル・フォーク・アルバム部門受賞した。
2006年12月「ケルティック・クリスマス」で来日を果たした。


凄腕たちが多数参加!!
ダーク・パウエル:現在の米オールドタイム・ミュージック界を代表する重要プレイヤー。プロデューサーとしても活躍。『Songs From the Mountain』他を数作のアルバムをティムとの共同名義でリリースする。映画『コールドマウンテン』の音楽に深く関わる。

●クリス・シーリー(ニッケル・クリーク):ブルーグラスの大人気バンド、ニッケル・クリークで活躍する若手の天才的マンドリン奏者。
ジョン・ドイル:ソーラスやアイリーン・アイヴァース・バンドで活躍。多数のルーツ系のアルバムに参加する凄腕ギタリスト。ティムと親交が深い。
●ステュアート・ダンカン:ナッシュヴィル・ブルーグラス・バンドの一員であり、ナッシュヴィルで最も忙しい超売れっ子フィドル奏者。
●ダレル・スコット:南部のあらゆるルーツ音楽に通じたナッシュヴィル在住のシンガー・ソングライター。
●ジェリー・ダグラス&ダン・ティミスキー:アリソン・クラウス&ザ・ユニオン・ステーションでメンバーとして共に活躍。ダンはギター/ヴォーカル。ジェリー・ダグラスは9個のグラミー賞を受賞している世界一のドブロ奏者と言われる凄腕。
シェイマス・イーガン(ソーラス):NYで生まれたアイリッシュ・トラッド・バンドのリーダー。フルート。ホイッスル、マンドリン、バンジョー、ギターを弾きこなす天才マルチ・プレイヤー。プロデューサーとしても活躍。
●エドガー・マイヤー:クラシックからブルーグラスまでクロスオーヴァーして大活躍するアコースティック・ベース/コントラバス奏者。ヨーヨー・マとのプロジェクト、アパラチアン・ワルツが有名。
●ケイシー・ドリーセン:20代半ばの若いフィドル奏者。最近初めてのソロ・アルバムを発表したばかりの注目株。
●デニス・クラウチ:ウェスタン・スウィング・バンド、タイム・ジャンパーズの一員で、セッションでも活躍しているベーシスト。

[ティム・オブライエン]
54年ウェスト・ヴァージニア州生まれ。現在のブルーグラス界のトップ・スターとして君臨するシンガー、多数の楽器を弾きこなすマルチ弦楽器奏者、カン トリー界の人気歌手にヒット曲を提供するソングライター。
10代の終わりににジャグ・バンド、オフィーリア・スゥイング・バンドに参加、その後、80年代のブルーグラスを代表するバンド、ホット・ライズ (1978〜1990)のフロントマンとして活躍。90年代以降はソロとなってからは、南北戦争時代のアパラチア山脈を舞台にしたベストセラー小説「コールド・マウンテン」にインスパイアされたアルバム『Songs from the Mountain』、 アイルランド系アメリカ人である自分のルーツを探った『The Crossing』(99)、『Two Journeys』(01)などの傑作を次々リリース。2006年2月に本作『フィドラーズ・グリーン』は第48回グラミー賞 トラディショナル・フォーク・アルバム部門受賞した。