(株)プランクトン
150-0001
東京都渋谷区神宮前5-28-10
神宮前松井ビル1F

お問い合わせ
03-3498-2881
(平日11-19時)

E-mail:
info@plankton.co.jp

2008/7/6@日比谷野外大音楽堂

World Beat! もー、最高じゃないか!

枠や定石を超えろ! どうせ声を出すのなら、でかい声を出したほうがいいじゃないか。世界中に面白い音楽やビートがあるなら、それを思うまま重ねたほうが楽しいじゃないか。
 世界に誇る大活劇冒険音楽集団の渋さ知らズオーケストラ、モロッコの土着ミュージシャンを伴ってやってきたEUリベラリスムの権化であるシンク・オブ・ワン・ウィズ・キャンピング・シャアビ。そして、イスラエル・ルーツの内外に住む個性派ミュージシャンが集ったカっとびバンドのバルカン・ビート・ボックス。彼らは濃度100%のパフォーマンスを底なしの歓びとともに披露。鮮やかな色彩の感覚も伴いながら、三者三様に枠を飛び越えていたのは間違いない。
 そうした彼らの熱い実演の根底にあったのは、自分たちの文化や感性に対する強い自負であり、それを糧に異なる者同士で実のあるコミュニケーションを図りたいという開かれた意思のようなもの。だかこそ、彼らはどんなに枠を超えていても、一方ではしっかりと地に足をつけたし、そこから人間性謳歌の感覚が沸き上がっていたのだ。
 最後は3バンドが勢揃いしての大セッション。笑顔に満ちた50人強のミュージシャンがステージに出てきて、両手を広げてオーディエンスに語りかける。イビツなものだっていいじゃないか、まずは声や音を出してごらん、なによりビートに身を揺らしてごらん! 世界は広く、それは枠や決まり事なんかないんだから! そして、そんな気持ちが送り出された場は開放的な、祭りの感覚を持たせる野外の会場だったんだもの。もー、最高じゃないか!
(佐藤英輔)

写真:Hiroki Nishioka