推薦コメント・記事
生オケ・シネマ














昨年、あの名作『モダンタイムス』が、オーケストラの演奏によって魂が吹き込まれ、鮮やかに蘇る様は圧巻でした。今年、あの感動が再び『街の灯』で蘇るなんて見逃せません。
山田雅人(俳優/タレント)



チャプリンの『モダン・タイムズ』を大きい画面で、しかも本人作曲のスコアの生演奏付きで見た時、技術的なことはさておき、予想をはるかに越える感動を覚えました。この体験はぜひ多くの人に味わって欲しいです。
ピーター・バラカン(ブロードキャスター)



前回、生オケ・シネマ「モダン・タイムズ」のときはあまりの感動に涙が止まらなかった。名作「街の灯」でもその緊張感と皮肉なユーモアが音楽と一体になっていることは勿論、チャップリンの演技による愛くるしい表情とあらゆる感情を明確に表す音楽が一緒に心に訴えてくる。そして人間の思いやりという大きなテーマへ向かって、他のお客様と共に感動する素晴らしい時間が待っているに違いない。
小菅優(ピアニスト)



強烈なメッセージ性を孕んでいることなんて忘れて、ただただチャップリンが奏でるメロディーに腹を抱えて笑っていました。しかし物語が終わってしばらくするとそのメロディーはとてつもなく切ないものになっていました。でもまた思い出して笑ってしまうのです。
私達は見事にチャップリンの思うツボにはまってしまいました。
また、生演奏の緊張感が物語に物凄い臨場感を与えてくれて、まるで自分も登場人物のような感覚に陥り鳥肌がたってしまいました。ファンでなくても必見です!
中野聡子(日本エレキテル連合/お笑い芸人)



チャップリンが活躍した100年以上前から今日にいたるまで、どの時代の映画ファンと比較してもこれほどまでに贅沢な映画体験はそうないだろう。そう断言してもいいほど、特別なプログラムだ。
青木眞弥(キネマ旬報編集長)



『街の灯』は小さな映画に見えるが実は果てしない広がりを持つ。オーケストラの音はおそらくそれを証明してくれるはずだ。それとともにチャップリンの抱える闇の深さがスクリーンを覆うだろう。その暗闇に音は灯をともせるのか?スリリングな展開に期待したい。
樋口泰人(boid/爆音映画祭プロデューサー)