Rachid Taha / ZOOM

ラシッド・タハ
『ズーム』

ザ・クラッシュの魂を受け継いだ、熱く燃えるロックンロール!ヨーロッパ〜アラブ〜北アフリカを繋ぐワールド・ミュージック界のカリスマが、プロデューサーにジャスティン・アダムズを迎え、『テキトワ?』以来の傑作アラブ・ロックを完成させた。

発売日:2013年4月28日
解説:サラーム海上
VIVO-424
税抜2,300円

送料無料

-
関連商品
-
-
プロフィール/来日情報
-
曲目リスト

01. Wesh (N'Amal)
02. Zoom Sur Oum
03. Jamila
04. Now or Never
05. Fakir
06. Ana
07. Les Artistes
08. Khalouni
09. Algerian Tango
10. Galbi
11. Voila Voila (album version)

動画

内容紹介/コメント等
1981年、フランスのリヨンにてバンド、カルト・ド・セジュールを結成し、アルジェリア移民の若者の生活や喜怒哀楽を、当時のパンク〜ニューウェイヴに影響を受けたサウンドに乗せ、アラビア語、仏語、英語を交えて歌い始めたラシッド・タハ。30年以上にわたり、ライ、ロックンロール、テクノ、シャアビ、グナワ、ファンク、アラブ歌謡など、音楽の幅を広げながら、ワールド・ミュージック〜グローカル・ビートの最前線を孤軍奮闘しながら切り開いてきた。そんなラシッドの二年ぶりの新作『ズーム』は久々に彼のハードなロックンローラーとしての面が前面に出た作品だ。
(サラーム海上/ライナーより)